“葵”ヒカルが地球にいたころ……   3

票の平均 1
| 0 件の貢献合計 そのうち 0 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
本の内容
おまえの声はずっと俺に聞こえてるっ!学園の”皇子”帝門ヒカルの幽霊に取り憑かれた赤城是光。
ヒカルは婚約者の左乙女葵に想いを伝えてほしいと頼むが、凶悪なヤンキーにしか見えない是光を葵は信用してくれない…。
何度も葵に拒絶されていくうちに、次第に友情を育んで行く是光とヒカル。
そんななか、ヒカルの追悼記事が切り裂かれる事件が発生し、葵がその犯人ではないかと疑われるのだが…。
大人気ライトノベルのコミカライズ、感動の最終巻!
- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una recensione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi