ありきたりの痛み

| 編集者: 文藝春秋
票の平均 0
| 0 件の貢献合計 そのうち 0 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
日本と台湾を行き来して過ごした子ども時代の思い出。影響を受けてきた小説や音楽への偏愛を綴った自伝エッセイ。小説の取材で訪れた台湾と、『流』に登場する馬爺爺(じいさん)のこと。五年半連載した映画コラムと、テキーラマエストロの資格を取るほど愛好するテキーラの紹介。直木賞受賞からパーティーまでの、狂騒の一ヶ月ーー。小説『流』が前代未聞の満票で直木賞を受賞した東山彰良、初のエッセイ集。【著者情報】(「BOOK」データベースより)東山彰良(ヒガシヤマアキラ)1968年台湾生まれ。5歳まで台北で過ごした後、 ...Continua
- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una recensione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi