こころの処方箋

| 編集者: 新潮社
票の平均 4
| 1 件の貢献合計 そのうち 1 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
herzen
Ha scritto il 14/03/12
・灯りを消すほうがよく見えることがある ・人間が生まれてくるということは、その中に「創造の種子」をもっている、ということであろう。その種子から芽がのびてゆくときに、その人が属する集団のもつ価値観と一致する部分の多い人は、それを伸ばしてゆくのが容易であろう。しかし、その場合のその人の創造性は他に見にくいし、つい安易になって、全体の傾向に合わせてしまって、そのなかにある自分の創造性を見出すことを怠るかもしれない。 これに反して、自分の「創造の種子」が、その人が属する集団、つまり家庭、地域、社会、国家...Continua

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi