ご主人様のお目覚め係 2

| 編集者: 一迅社
票の平均 1
| 0 件の貢献合計 そのうち 0 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
とある事情から公爵邸で侍女として働いていたジゼルは、半年ぶりに実家がある西の砦へと帰ってきていた。さぁ、これから公爵家三男で魔法技師の青年シリルの傍に侍女として居続けるため、両親を説得しよう。そう思っていた矢先、実家へ飛んできたシリルが、「ジゼルの婿になりに来た」と宣言して!?って、傍にいるって、結婚するってことだったんですか!!寝ぼけ癖がひどすぎる青年と侍女のラブファンタジー第2弾!
- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una recensione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi