なごみ 2014-01

『山上宗二記』にみる茶の湯のすがた 四百年生きた名物茶道具

| 編集者: 淡交社
票の平均 0
| 0 件の貢献合計 そのうち 0 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
●特集●
『山上宗二記』にみる茶の湯のすがた
四百年生きた名物茶道具◎特集の内容茶人で堺の豪商・山上宗二が、天正十六年から十八年の間に、茶の湯の初心者七人に「秘伝」として伝授した『山上宗二記』。内容は桃山時代の名物道具集で、取りあげている道具は総計二一二点。史上もっとも厳正な眼で選ばれた名物記でした。たびたびの戦乱で失われたものが多く、現存するのは三十数点。四百年を生きたこれらの名物道具をとおして、利休時代の茶の湯のすがたを探ります。●小特集●
祝いの形 お神酒口◎
...Continua
- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una recensione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi