アラタ カンガタリ〜革神語〜 03

| 編集者: 小学館
票の平均 18
| 1 件の貢献合計 そのうち 1 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
はるかなる地平の先…
目指すは、神の国の首都!!秘女王へ劍神を届けるため異世界“天和国”の
首都へ向けて旅を始めた革たち。
だが行く手には、革を狙う十二神鞘・カンナギの領土が…!?
「火の神」カンナギ、「地の神」アカチ…
革命を起こした異世界の神々たちが、
それぞれの思惑のもといよいよ動きだし…!?
神の国、激動激震の第3巻!!
sei
Ha scritto il 26/08/09
読了感想
十二神鞘の内の二人しかマダ出てね~っつー話をしていたのにイキナリその二人が争い始めちゃったYO!(笑)ここでそうなるって事は、もしかして革が都に行くまでに会わない内に既に取り込まれちゃった鞘もいるぜってことになるんですかねえ。どちらにしろ最後には革が倒さにゃならないんでしょうが。でもあのときに何故アカチが退いたのか。それは物語の都合上…。(禁句)一度に吸収できる劍神の量が(というか質?)が限られているとかでしょうかね。謎。謎といえば、謎の教師殿、再登場ですな。都に向かうというのであれば、裏を返せ...Continua

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi