ゲッベルスの贈り物

(創元推理文庫)

| 編集者: 東京創元社
票の平均 2
| 1 件の貢献合計 そのうち 1 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
小森
Ha scritto il 11/10/09

バカミス作家(本人が認めていないけど)として名高い藤岡真の初長編。伏線がていねいに張れられているので、そんなばかな!といえるほどに飛び切り意外な結末ではないと思っている。1993年の作品だから、バカ度はそんなに高くないが、当時の読者に十分通用できるかもしれない。そして内容自体はものすごく面白く、ページを開いたら一気に最後まで読ませる力を持つ一作である。


- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi