シュガーレス・ラヴ

| 編集者: 集英社
票の平均 364
| 1 件の貢献合計 そのうち 1 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
雪子
Ha scritto il 31/01/09
『絶対なかない』と同じ日に、旅先で読むつもりで高崎のくまざわ書店で購入した。個人的には『絶対』よりもこの本のほうがインパクトがあった。首都圏に住むさえない女が捉われている不文律、小人物の間に渦巻く憎悪、社会の女性に対する憎悪がうまく描かれている。 読後感は悪い。でも、私は、日本社会の私自身に対して向けられている憎悪がどういうものなのか、できるだけ的確に言語化したいと考えていた。今の私にとって、この本はとても良い資料になると思う。 そう、読後感は悪い。でも、彼女の作品を2作続けて読んで思ったのは、...Continua

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi