ゼロの獣

| 編集者: 海王社
票の平均 1
| 0 件の貢献合計 そのうち 0 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
捜査一課の鬼と恐れられている刑事の朝海は、4年前、親友だった同僚を事件で亡くした。失ってから気づいた親友への想い―以来、哀しみと後悔を胸に仕事に没頭する日々。そんな折、天才的な能力を持つ鑑識・飛高に出会い、朝海は息を呑む。彼の面差しが親友に酷似していたからだ。それどころか、飛高にある秘密を握られた朝海は、脅されるように躰を許すことになる。一方、二人が現場を共にする事件を辿るうち、親友の死に警察内の陰謀が絡んでいる疑惑が浮上し…!?天才的鑑識×毒舌敏腕刑事、疵を負う男たちのあやうい駆け引き。
- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una recensione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi