ソラリスの陽のもとに

票の平均 2.356
| 1 件の貢献合計 そのうち 1 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
あなたの票:
菫色の靄におおわれ、たゆたう惑星ソラリスの海。一見なんの変哲もないこの海だったが、内部では数学的会話が交され、みずからの複雑な軌道を修正する能力さえもつ高等生命だった! 人類とはあまりにも異質な知性。しかもこの海は、人類を嘲弄するように、つぎつぎ姿を変えては、新たな謎を提出してくる……思考する〈海〉と人類との奇妙な交渉を描き、宇宙における知性と認識の問題に肉迫する、東欧の巨匠の世界的傑作。
Ha scritto il 05/06/08
ポーランドのSF作家スタニスワフ・レムによる作品。原作はポーランド語だが、この日本語訳はロシア語版からによるものとのこと。「惑星ソラリス」(1972年 ソ連)、「ソラリス」(2002年 米)の二度の映画化がなされている。

主人公ケビンは、死んだはずの恋人ハリーとの遭遇が惑星の海によって引き起こされると知り、海との交流を図る。

惑星ソラリスの情景の色鮮やかな表現、未知との生命体との交流、ケビンの葛藤の描写が秀逸。


- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi