ブルータスの心臓

完全犯罪殺人リレー

| 編集者: 光文社
票の平均 679
| 3 件の貢献合計 そのうち 3 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
あなたの票:
産業機器メーカーで人工知能ロボットの開発を手がける末永拓也。将来を嘱望される彼は、オーナーの末娘・星子の婿養子候補になるが、恋人・康子の妊娠を知り、困惑する。そんな矢先、星子の腹違いの兄・直樹から、同僚の橋本とともに、共同で康子を殺害する計画を打ち明けられ……。大阪→名古屋→東京を結ぶ完全犯罪殺人リレーがスタートした! 傑作長編推理!
Ha scritto il 11/08/11
SPOILER ALERT
テンポも良く、発想は面白いと感じた。しかし、全体としてはあまり好きになれない。まずは内容と併せてもタイトルに魅力が感じられない。また、殺人犯の動機が安直であるし、途中からひょいと出てきた登場人物に、話のつじつまを合わすために、様々な事をなすりつけたように感じられた。11文字の殺人と同じような読後感である(それより少しは本書の方の読後感が好き)。ちなみに一回だけ(それもかなり後半に)「華屋」が登場する。
Ha scritto il 12/06/10
BRUTS の心臓 ブルータス の しんぞう
布魯特斯的心臟, 我想所指的是人吧! 機器沒有生命, 背後的操控者還是人, 有七情六欲的是人啊! 這本偏本格派的作品讀起來有點不對我的胃口, 感覺結尾的兇手有點硬。
Ha scritto il 25/04/10
タイトルの意味は?
小説家にとってタイトルはそれほど意味を持たないのだろうか? それとも、私が読み取れていないだけか。 話の内容はおもしろく、途中は「これで本当にうまいクライマックスに持っていけるか?」と 勝手に心配しながら読んだけど、しっかり落としてくれた。 しっかり読んでいると、それなりに先が見える展開ではあるけれど、 人が絡む、現実でも物理的に可能な話は選択肢が限られるから しょうがないっちゃーしょうがない。それでも楽しませてくれるのが、東野作品。

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi