五月雨幻燈

暗夜鬼譚

| 編集者: 集英社
票の平均 0
| 0 件の貢献合計 そのうち 0 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
蔵人所で怪談話に興じたり、深雪にこづかれたりしながら、夏樹にしては変わらぬ日々を過ごしていた五月。一条に、師匠の父・丹波の権介のもとへ下るようにとの文がくる。なにやら陰陽師を必要とする厄介事がもちあがったらしい。しかも、何かと一条を目の敵にする真角と連れ立ってこい、との仰せだ。丹波への道中を気づかう夏樹だったが、彼はまだ知らなかった。否、我身の天運がいかなるものか、理解していなかった。友人のいない間に、ひとの災厄が自分に回ってこようとは…。
- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una recensione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi