噓をもうひとつだけ

| 編集者: 講談社
票の平均 270
| 1 件の貢献合計 そのうち 1 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
バレエ団の事務員が自宅マンションのバルコニーから転落、死亡した。事件は自殺で処理の方向に向かっている。だが、同じマンションに住む元プリマ・バレリーナのもとに一人の刑事がやってきた。彼女には殺人動機はなく、疑わしい点は何もないはずだ。ところが……。人間の悲哀を描く新しい形のミステリー。
Dice Tower0610
Ha scritto il 05/06/10
やはり東野圭吾は長編だな

東野短編集。
やはり東野圭吾は長編がおもしろいと思わせる作品だった。
基本的に、犯人と加賀のせめぎ合いのみで描かれている。

犯人が巧みに加賀を交わすわけではなく、
淡々と事件の真相に迫っていく。
申し訳ないが、加賀恭一郎シリーズで唯一の駄作。


- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi