夏嵐

(からん)―緋の夢が呼ぶもの

| 編集者: 集英社
票の平均 0
| 0 件の貢献合計 そのうち 0 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
大海人は宝姫大王と田村大王の次男である。生まれつき病弱なため、遠く尾張で静養生活を送ってきた。そのせいか、宮中でもぼんやりしており、笑い者になることもしばしば。誕生の直前、異父兄にあたる漢という子供の溺死事件が起こり、その呪いを受けたのだ、と噂されていた。だが、この春から大王に仕え始めた十五歳の少女・額田には、彼がただの愚者であるとは思えなかった―。折しも、権勢を誇る蘇我入鹿とそれに反発する大海人の兄・葛城との対立が深まりつつあった…。
- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una recensione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi