天冥の標 VIII

ジャイアント・アーク PART1

| 編集者: 早川書房
票の平均 1
| 0 件の貢献合計 そのうち 0 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
「起きて、イサリ。奴らは撃ってきた。静かにさせましょう」
いつとも、どことも知れぬ閉鎖空間でイサリは意識を取り戻した。
ようやく対面を果たしたミヒルは
敵との戦いが最終段階を迎えていることを告げ、
イサリに侮蔑の視線を向けるばかりだった。
絶望に打ちひしがれるイサリに、
監視者のひとりがささやきかける――
「人間の生き残りが、まだいるかもしれないのです」。

壮大なる因果がめぐるシリーズ第8巻前篇。
- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una recensione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi