太夫 2

鬼外カルテ 其ノ13-2

| 編集者: 新書館
票の平均 0
| 0 件の貢献合計 そのうち 0 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
「心と体、両方の真を尽くす相手は私ひとり」。初めて恋した島田にそう言われ、ゆきは彼を裏切らないと約束する。だが、江戸の大火の後、島田は行方不明に——。やがて高尾太夫となったゆきの前に仙台藩主が現れる。そのまっすぐな気性に惹かれていくゆき。だが、この恋の結末は……!? そして、現代。”太夫”の前に現れた凪という青年と翼という少年は、何者なのか……。太夫の永い、恋の物語が終わる——!!
- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una recensione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi