太宰春臺の詩文論

徂徠学の継承と転回

| 編集者: 笠間書院
票の平均 0
| 0 件の貢献合計 そのうち 0 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
荻生徂徠に学び“古文辞学”の方法と思想を継承した太宰春臺。
如何に読み、如何に書くことで、先王の道を理解し、表現するのか。
江戸漢学において未分化であった文学と思想を切断することなく、その視座に立ち戻り、「春臺詩文論」の機能を論証する。はじめに―何故、春臺研究において「詩文論」なのか?
第1部 徂徠、徂徠学派の詩文論(徂徠詩文論のかたち;徂徠文論の形成過程;徂徠学における韓愈・柳宗元)
第2部 春臺の詩文論―徂徠詩文論の継承と転回(春臺詩文論の出発点;春臺
...Continua
- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una recensione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi