宝石吐きのおんなのこ 2

めぐる記憶とはじめての冒険

票の平均 1
| 0 件の貢献合計 そのうち 0 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
大陸東部の穏やかな街、リアフィアット市。そんな街の片隅に、店員二名の小さな宝石店があった。――『スプートニク宝石店(ジュエリー・スプートニク)』。「宝石を吐き出す」少女クリューの、すこし昔と今の話。まだ街を出歩くのがこわかった、幼き日のクリュー。そんな彼女が店主スプートニクに命じられたのは、たった一人での『おつかい』だった。簡単な道筋のはずが、なかなか辿り着かない目的地。寄り道に寄り道を重ね、先々で出会う街の人たち。当初の目的を忘れそうになりながらも、彼女は歩みを進めていく----…そして、巡る ...Continua
  • イラストレーターまたはペンシラー:
- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una recensione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi