室町時代古鈔本『論語集解』の研究

| 編集者: 汲古書院
票の平均 0
| 0 件の貢献合計 そのうち 0 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
內容簡介最も明らかにすることが困難な、しかしながら、中世期の漢学にとって最も中心を為していた、室町時代の古鈔本「論語集解」の学術動向の一端を解明する。「日本現存漢籍古鈔本の総合的研究」の研究成果の一部。目 次前論第一章 古鈔本の定義と時代的意義−趙岐注『孟子』の伝来を例に−第二章 日本に於ける古刊・古鈔本『論語』の概略第三章 古鈔本『論語』の現状第四章 近世初頭に於ける慶長刊本の意義第一部 序論−室町時代古鈔本『論語集解』の背景と環境−第一章 古鈔本『論語集解』に影響を及ぼした正平版の存在第二章 ...Continua
- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una recensione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi