密室の如き籠るもの

票の平均 102
| 1 件の貢献合計 そのうち 1 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
小森
Ha scritto il 04/02/10

刀城言耶シリーズの初連作短編集。
表題作の<密室の如き籠るもの>の密室殺人の場面を検討した場面は、つまらなかったと思ったので、読み飛ばした。ところが事件の真相はわりと簡単だから、それ検討の場面は読者の注意をよそにそらした手法とも言えるだろう。(まあ、作者自身の薀蓄の披露を兼ねてね。)また、オチの扱い方はやっぱり作者の十八番で、うまく効いた。
残りの三作について、怪談めいた雰囲気も上出来なのだ。


- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi