幻夜

| 編集者: 集英社
票の平均 889
| 2 件の貢献合計 そのうち 2 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
阪神淡路大震災の混乱の中で、衝動的に殺人を犯してしまった男。それを目撃した女。二人は手を組み、東京へ出る。女を愛しているがゆえに、彼女の指示のまま、悪事に手を染めてゆく男。やがて成功を極めた女の、思いもかけない真の姿が浮かびあがってくる。彼女はいったい何者なのか?! 名作『白夜行』の興奮がよみがえる傑作長編。
Taiki Adachi
Ha scritto il 14/07/11
SPOILER ALERT
東野圭吾が示唆しているようにこの物語は白夜行の続編とも捉えることができる。ただそうでなくても、本書だけで十分内容は独立している。この作者は本当すごいと思う。(おそらくそうであるが)雪穂と美冬が同一人物であるとして、彼女を行く末を見てみたい。 本書も同様に主人公である悪女の心情は一切描かれていない。しかし白夜行と違うところは彼女に尽くす男(雅也)の新庄が描かれている部分である。個人的には雪穂(美冬)が愛した男は亮司だけであってほしい。あくまでも雅也は美冬に従う他の男たちと同じで、ただ本書で事細かく...Continua
Dice Tower0610
Ha scritto il 22/05/10
白夜行と比べても遜色なし!!

この話は明記されていないが、明らかに白夜行を意識している。

悪魔的に賢く、他人を利用することしか考えていない女が再度登場する。
話のインパクトは、正直白夜行に軍配が上がるが、
内容は、遜色ない。むしろ短い時間を描いている分、
幻夜のほうが引き込まれる人も多いかもしれない。


- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi