悪意

| 編集者: 講談社
票の平均 2269
| 2 件の貢献合計 そのうち 2 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
あなたの票:
人気作家・日高邦彦が仕事場で殺された。第一発見者は、妻の理恵と被害者の幼なじみである野々口修。犯行現場に赴いた刑事・加賀恭一郎の推理、逮捕された犯人が決して語らない動機とは。人はなぜ、人を殺すのか。超一流のフー&ホワイダニットによってミステリの本質を深く掘り下げた東野文学の最高峰。
Ha scritto il 18/05/12
これは 一気に読める小説です。 けっこう面白かったですよ。 感想: 1.人間の「先入観」というものは実に厄介なものです。 2.「悪意」は人間の心の中で育ち続ける感情なのだろう。 3.また、執念といえば加賀刑事の執念もまた素晴らしい。頭が切れる刑事さんです。
Ha scritto il 23/05/10
動機の解明
...Continua

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi