慟哭

票の平均 187
| 1 件の貢献合計 そのうち 1 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
痛ましい幼女誘拐事件の続発。難航する捜査。その責めを負って冷徹な捜査一課長も窮地に立たされた。若手キャリアの課長をめぐる警察内部の不協和音、マスコミによる私生活追求。この緊迫した状況下で、新しい展開は始まった! サイドストーリイに、黒魔術を狂信する新興宗教の生態や現代の家族愛を鮮烈に描きつつ、人間内奥の悲痛な叫びを抽出したこの野心作は、北村薫氏をして、書き振りは《練達》、読み終えてみれば《仰天》、と驚嘆させた、巧緻この上ない本格推理。
Roy
Ha scritto il 04/03/11
SPOILER ALERT

読みきった感想:この物語実は凄く簡単だよ。ただ組み合わせの問題だ。

感想︰故事其實是非常簡單,只是在乎你怎樣看本書。當然,未看到最後都不能綜觀全局。


- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi