手紙

票の平均 1062
| 1 件の貢献合計 そのうち 1 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
あなたの票:
強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く……。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる。人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。犯罪加害者の家族を真正面から描き、感動を呼んだ不朽の名作。
Ha scritto il 05/05/09
SPOILER ALERT
『當長時間在一生活,呼吸相同的空氣,相互增生為彼此的血肉,所以一旦分離時,便會感受到血肉分離痛… 』這就是所謂的親情,愛,很像呼吸...。

愛とは、時の流れに関連があるんだろう  同じ時を長く過ごし、互いに呼吸をし、それが互いの肉体の細胞に加わるだから引き離される時、血の滲むような肉体の痛みをも伴うだろう愛とは…息をすること

《信》てかみ 手紙,書後解說裡面的一句話,很貼切整本書的感受。


- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi