故郷は戦場だった 山田實写真集

沖縄写真家シリーズ 琉球烈像 第3巻

| 編集者: 未來社
票の平均 0
| 0 件の貢献合計 そのうち 0 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
いくたびも死線を越えシベリアより帰還し、復興する沖縄に立つ名もなき人々を撮り続けたリアリズムの職人。〈生き残り〉の責を胸に秘し沖縄戦後写真とともに歩んだ大正生まれの写真家が失われてゆく風景の中に繋がれる命を刻む〈スナップ=魂込み〉の世界。山田實1918年、沖縄生まれ。明治大卒。44年、召集・関東軍入隊。満州で終戦を迎え、シベリア抑留を経て52年、沖縄に帰還、山田写真機店開業。二科会沖縄支部・沖縄ニッコールクラブ・沖縄写真連盟の設立に尽力する。写真集に『子どもたちのオキナワ1955-1965』(2 ...Continua
- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una recensione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi