新島八重の茶事記

| 編集者: 小学館
票の平均 0
| 0 件の貢献合計 そのうち 0 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
内容紹介
新島八重の知られざる「生きがい」に迫る! 茶道は、江戸時代を通じて、九分九厘が男性のものでした。ところが、現在では、逆転して八割かそれ以上が女性の嗜み事です。ではなぜ、女性中心の茶道界になったのか。またそれはいつからなのか。こうした状況をつくり出した原点に、裏千家十三代圓能斎宗室と新島八重がいます。
大河ドラマの破天荒なヒロインとして脚光を浴びる新島八重ですが、夫・新島襄(同志社創立者)の死後、孤独になった八重を自立した後半生へと導き、八十八歳で永眠する間際まで支え
...Continua
- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una recensione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi