時生

| 編集者: 講談社
票の平均 657
| 1 件の貢献合計 そのうち 1 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
不治の病を患う息子に最期のときが訪れつつあるとき、宮本拓実は妻に、二十年以上前に出会った少年との想い出を語りはじめる。どうしようもない若者だった拓実は、「トキオ」と名乗る少年と共に、謎を残して消えた恋人・千鶴の行方を追った――。過去、現在、未来が交錯するベストセラー作家の集大成作品。
Taiki Adachi
Ha scritto il 13/10/11
SPOILER ALERT

東野圭吾の本としては実に微妙だった。伝えたいことは分かるのだが、話が長い。その長さが必要だったのかどうかと言われれば、不必要だった気がする。
そして、最後の最後に今の奥さんの話が出てきた時は、やっとか、という気がしてしまった。最後の方は、終わり方が知りたくて若干ななめ読みしたことを否めない。
ただ、それにしても最後一行はいつも素晴らしい。


- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi