桜嵐恋絵巻 ~火の行方~

(小学館ルルル文庫 み 1-9)

| 編集者: 小学館
票の平均 1
| 1 件の貢献合計 そのうち 1 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
sei
Ha scritto il 01/07/09
読了感想
今回はどちらかといえば詞子よりも雅遠の方がクローズアップされていたような気がします。まあ、出仕後初めての巻というのもあるのでしょうが。そのお陰(?)か、詞子もあんまり悩みが薄い気がしました。や、そりゃまあ、韓藍の花を贈られた云々はありましたけれども。前巻までは詞子視点が多かった所為か全体的にウジウジ感が募っていた感じはありました。主人公は結構どちらもネガティブ派な感じがありますが、サバけている分雅遠の方が湿り気は少ないかと(笑)そして弟君、ツンデレ疑惑浮上(笑)何だ、お兄ちゃんがあんまりにも構っ...Continua

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi