死んでも死んでも死んでも死んでも好きになると彼女は言った

票の平均 1
| 0 件の貢献合計 そのうち 0 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
俺の初恋相手、支倉由依は毎年夏の三ヶ月間だけ、生まれて死んでを繰り返す。――六月。夏祭り実行委員活動に追われる日々。仲間たちの声。――七月。由依の生意気で頼りない瞳と、初めての恋。――八月。雨の味のキス。夜空を彩ったあの打ち上げ花火。すべての日々がかけがえなくて、甘く切ない思い出に満ちていた。そして最後に、心をえぐられるような別れの瞬間が訪れる。それでも俺はこの想いを決して手放さない。「死んでも死んでも死んでも死んでも好きになる」と、彼女が言ってくれたから――……。一瞬の命を恋で燃やす、今世紀も ...Continua
- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una recensione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi