水彩画 燦めきの小径

票の平均 0
| 0 件の貢献合計 そのうち 0 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
身の周りには美しい世界が溢れていて、描いても、描いても、描ききれない。風景を読み解きながら紆余曲折してきた人生の意味がここにきて漸く解け始めている。日々、散歩で辿る小径の様に、今まで巡って来た人生の良き事も悪しき事も、個々の出来事が全ては今この時の為にあったのだと得心できるのだ。 30年ぶりに帰った故郷。誰もが何の価値も無いと思いこんでいる普段の景色の中に美しさを見いだし、克明に描き出す。そのリアルな水彩画は世界中から称賛を集める。本書は著者の初の作品集にして技法書であり、多くの人が驚くその技法 ...Continua
- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una recensione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi