火星年代記

票の平均 3.850
| 2 件の貢献合計 そのうち 1 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 1 メモ , 0 動画
あなたの票:
火星への最初の探検隊は一人も帰還しなかった。火星人が探検隊員を彼らなりのもてなし方でもてなしたからだ。つづく二度の探検隊も同じ運命をたどる。それでも人類は怒濤のように火星へと押しよせた。やがて火星に地球人の町ができたが、そこには火星人たちの姿はなかった……精神を欠いた物質文明の発達に厳しい批判の目を向けるポエジイとモラルの作家が26篇のオムニバス短篇で謳いあげたSF史上に輝く永遠の記念塔!
Ha scritto il 05/06/08
23の短編からなる作品。火星モノの最高傑作と評されているが、退屈な作品であった。エンタテイメントを求めてはいけなかったのだろうか?原文で読むと違う感想となったのかもしれない。

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi