灰色の北壁

| 編集者: 講談社
票の平均 1
| 1 件の貢献合計 そのうち 1 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
世界のクライマーから「ホワイト・タワー」と呼ばれ、恐れられた山がある。死と背中合わせのその北壁を、たった一人で制覇した天才クライマー。その業績に疑問を投じる一編 ...
HondaMania
Ha scritto il 12/04/12
本のタイトルと同名の小説を含む短編小説が3篇収録されています。 全てのストーリーが、厳冬期前後の雪山が舞台。 それぞれ別の主人公が山にまつわるストーリーを展開していきます。 著者である真保裕一は自身のエッセイで、登山の経験はほとんど無いと 語っていますが、登山をしていく描写はまるで見てきたか、自分の経験を 書き込んでいるかのようで非常に臨場感があり、自分が登山しているかの 様に感じる事が出来ます。 (登山経験が無いからかもしれませんが。) また、登山を通じて、人生の迷いを断ち切ったり、逆に人生を...Continua

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi