物語 哲学の歴史

自分と世界を考えるために

票の平均 1
| 0 件の貢献合計 そのうち 0 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
「哲学とは何だろうか。」と始まるこの本には、哲学の歴史を「物語」で概観しようとするもの。プラントンやアリストテレスから、ウィトゲンシュタインやメルロ=ポンティなどの思想の流れを、大づかみにひとつのストーリーとして、物語のひとつの筋を浮かび上がらせる。哲学の入門書としては参考になる。ここから興味あるここで紹介されている
哲学の本を深く読み進めていくには、いいと思う。
- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una recensione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi