白馬山荘殺人事件

| 編集者: 光文社
票の平均 417
| 1 件の貢献合計 そのうち 1 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
一年前の冬、「マリア様はいつ帰るのか」という言葉を残して自殺した兄・公一。その死に疑問を抱いた妹の女子大生・ナオコは、親友のマコトと、兄が死んだ信州・白馬のペンション『まざあ・ぐうす』を訪ねた。常連の宿泊客たちは、奇しくも一年前と同じ。各室に飾られたマザー・グースの歌に秘められた謎、ペンションに隠された過去とは?
暗号と密室の本格推理傑作。
Taiki Adachi
Ha scritto il 30/07/11
SPOILER ALERT

著者の初期の作品だけあって、言葉づかいまだいまいちであることが多々ある。また、これぞ本格推理小説と言わせるようなトリックや暗号。個人的には東野圭吾作品としてはものたりないところがあった。しかし、それでいて終わり方が素晴らしい。高瀬の件は素晴らしい余韻に浸らせてくれる。だからこそか、エピローグ2は本編のどこかで終わらして欲しかった。そして、高瀬の件で物語を終えてほしかった。


- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi