眠りの森

| 編集者: 講談社
票の平均 697
| 1 件の貢献合計 そのうち 1 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
美貌のバレリーナが男を殺したのは、ほんとうに正当防衛だったのか? 完璧な踊りを求めて一途にけいこに励む高柳バレエ団のプリマたち。美女たちの世界に迷い込んだ男は死体になっていた。若き敏腕刑事・加賀恭一郎は浅岡未緒に魅かれ、事件の真相に肉迫する。華やかな舞台の裏の哀しいダンサーの悲恋物語。
Dice Tower0610
Ha scritto il 22/05/10
加賀刑事恋をする

登場人物すべてがあやしく見えた。
それも、かなり閉鎖された空間でいきる人物たちを描いたものだからだろう。

加賀さんが恋をしたのも、話をおもしろくした。
まぁ、その思いを寄せる人がなんらかの形で
事件に関わってくるわけだが、加賀さんの中に
葛藤なんてものは微塵もなく、事件の真相とは
また別に、その人を助けたがっている。
そんなところに強さを感じ、東野圭吾さんの憧れ(?)のようなものも見える。


- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi