私の台湾見聞記

歩き考えた「国のかたち」

| 編集者: 高文研
票の平均 0
| 0 件の貢献合計 そのうち 0 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
オランダや清朝の統治、日本の植民地時代を経て、中華民国政府が移ってきた台湾。そこで暮らす人びとは、国に振り回されず、国から一歩引いて生きているように見える――。元朝日新聞記者が2年間台湾に暮らし、台湾中を歩き回って見えてきた台湾の人たちのこと。【著者情報】津田邦宏(ツダクニヒロ)1946年東京生まれ。早稲田大学法学部卒業。72年、朝日新聞社入社。香港支局長、アジア総局長(バンコク)を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una recensione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi