約束された場所で―underground 2

| 編集者: 文芸春秋
票の平均 7
| 1 件の貢献合計 そのうち 1 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
雪子
Ha scritto il 21/04/08
とりあえず、印象に残った部分をここに書きとめておきます。感想はまた後で。 そのために、「視点が一方的だ」という批判を一部で受けたわけだが、撮影カメラの位置ををひとつの場所に据え付けるということは、そもそもの原点としてこちらが意図的に設定したルールなのであって、そのような批判はこの本に対する有効な議論として成立しないのではないだろうか。(p11) 疑問もないんです。どんな疑問にも全部答えがあるんですよ。全部解けてしまっている。こんなことをやったらこうなるというようにね。どんな質問をしてもちゃんとす...Continua

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi