シンポジウム ハンセン病家族の国際連帯

の | 編集者: 皓星社
票の平均 1
| 1 件の貢献合計 そのうち 1 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
あなたの票:
Ha scritto il 06/05/10
とても「感人」の本です。台湾、韓国、日本、ハワイの体験談が紹介されていますが、ハンセン病患者や回復者、その家族は、同じように差別される境遇にあったといっても、台湾やハワイより、日本や韓国のほうが苛烈な状況におかれていると感じました。日本や韓国のように同質性の高い社会ではちょっとした差異が大きな問題になるからかもしれません。読んでいてため息が出ました。

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi