肉食屋敷

| 編集者: 角川書店
票の平均 1
| 1 件の貢献合計 そのうち 1 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
小森
Ha scritto il 25/02/10

小林泰三の世界を理解でき、読み応えたっぷりある短編集。
特に西部劇風にしたゾンビ作品の「ジャンク」はダントツおもしろい。結末はなんと恋愛小説として仕上げられたのも少し意外。また、多重人格をテーマにしたサイコミステリーの「獣の記憶」のツイストは、非常に鮮やかである上に、小林の特有のブラックユーモアも効いている。


- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi