たとえば病気のため、あるいは老衰のため、体が思うように動かせなくなり、自分を、生きる価値のない存在だと思っ ...
Nuraldin
Ha scritto il 05/04/10

気鋭の社会学者による「尊厳死」に関する3冊本の第1巻。本書では「自分で決める、自然な、利他的な死」としての尊厳死について考察し、それは基本的に肯定されないことを説く。やや単純化して言い切ってしまえば、尊厳死は財政的な理由等によって生命を支持することをやめようとする人々の犠牲になる死に過ぎない。著者は、その人の生・暮らしは支持されるべきであることを示し、社会の側を変えることで、基本的に生が支持される環境を作ることが先であるとする。


- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi