蔵の中/鬼火

| 編集者: 角川書店
票の平均 0
| 0 件の貢献合計 そのうち 0 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
どんよりと澱んだほこりっぽい空気、小さな窓から差し込む乏しい光線が作る乱雑に積み重ねられた箪笥や長持ちの仄暗い陰。蔵の中は、昔姉と遊んだ頃と少しも変っていない。胸を病んでいた美しい姉は、四年前、私の眼の前で激しい喀血をした直後、この世を去った。一人では何をしていても物憂く、味気ない蔵の中。ふと私は、古い遠眼鏡を持ちだして、こっそりと窓から外の世界をのぞいてみることにした。だが、これがあの恐ろしい事件に私を引き込むきっかけになろうとは……。
- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una recensione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi