震災後

-こんな時だけど、そろそろ未来の話をしようか-

| 編集者: 小学館
票の平均 1
| 1 件の貢献合計 そのうち 1 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
『亡国のイージス』『終戦のローレライ』の作者が挑む3・11後の世界――
いま、日本人がもっとも必要とする「物語」
未来を見失ったすべての人たちに贈る、傷ついた魂たちの再生と挑戦の旅路。著者渾身のリアルタイム・フィクション!2011年3月11日、東日本大震災発生。多くの日本人がそうであるように、平凡なサラリーマン・野田圭介の人生もまた一変した。
原発事故、錯綜するデマ、希望を失い心の“闇”に囚われてゆく子供たち。そして世間を震撼とさせる「ある事件」が、震災後の日本に総
...Continua
HondaMania
Ha scritto il 09/04/12
前を向く勇気を・・・。
東日本大震災から1年。 未だに当時の記憶が鮮明に残っているこの時期。 世の中の大人達は、”脱原発”を無節操に叫んでいる・・・。 ”子どもたちの未来のために原発を無くす。” ・・・原発が無くなれば、子どもたちには未来が開けるのか? その未来とは? 未来に希望が持てない大人が言う未来とはいったい何? そんな中で、子どもたちは未来を夢見る事が出来るのか? 経済がヤバイ、政治がヤバイ、原発がヤバイ、電力がヤバイ。 問題提起は出来ても、解決が出来ず先送りする大人たち・・・。 過去を振り返ってばかりいる大人...Continua

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi