Create your own shelf sign up

Together we find better books

[−]
  • 検索 Conteggio caratteri ISBN valido ISBN non valido Codice a barre valido Codice a barre non valido loading search

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット 4

By

発行元: 静山社

4.4
(27471)

Language:日本語 | Number of Pages: | Format: Hardcover | In other languages: (other languages) English , Chi simplified , Chi traditional , Catalan , Spanish , German , French , Italian , Portuguese , Polish , Czech , Arabic , Russian , Swedish , Dutch , Slovak , Croatian , Galego , Finnish , Lithuanian , Malayalam , Basque , Norwegian , Danish , Hungarian , Greek , Romanian , Indian (Hindi) , Turkish

Isbn-10: 4915512452 | Isbn-13: 9784915512452 | Publish date: 

Translator: 松岡 佑子

Category: Fiction & Literature , Science Fiction & Fantasy , Teens

Do you like ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット 4 ?
Join aNobii to see if your friends read it, and discover similar books!

Sign up for free
Book Description
 『Harry Potter and the Goblet of Fire』(邦題『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』)でローリングは危険と歓喜を表裏一体に描きだしている。次々に登場するドラゴンや屋敷しもべ妖精たち、命をかけた挑戦の数々。いまや14歳となった孤児の主人公がマグルの親戚を離れてホグワーツ魔法魔術学校に戻れる日まで、残すところ2週間となっていた。そんなある晩、ハリーは不吉な夢を見て、稲妻形の傷が激しく痛みだす。彼は不安になり、人目を忍んで生きている自分の名づけ親、シリウス・ブラックに連絡を取る。幸い、今シーズン初のスポーツイベント、クィディッチ・ワールドカップを観戦できる喜びで、ハリーはヴォルデモード卿とその邪悪な手下、デス・イーターたちが殺しをたくらんでいることをしばらく忘れることができた。

   さあ、巨大な透明マントを投げかけて、物語のもっと先をのぞいてみよう。すると見えてくるのはただ、「あの人」がハリーを狙って動き始めたこと、そして今年は、グリフィンドール、レイブンクロー、ハッフルバフ、スリザリンの間でクィディッチ・マッチが行われないということだけ。だがその代わりに、ホグワーツ校とほかの2つの魔術学校── おしゃれなボーバトンズ校と冷淡なダームストラング校── とで、3魔法使いトーナメントが開催されるという。各学校の代表に選ばれた者が3つの究極の試練に立ち向かうことになっている。はたしてハリーは幸運な挑戦者となることができるのか?

   しかしクィディッチ・ファンの読者もがっかりすることはない。今回はこの最高のゲームをワールドカップのシーンで楽しむことができる。マグルに変装した10万人の魔女や魔法使いが「じゅうぶんにさびれた荒野」に集合する。ローリングはいつもと変わらぬ魔法の手さばきで細部を描き、生き生きとしたコミカルな世界をつくりあげている。突拍子もないのはたとえば観客のテント。生きたクジャクをつないだ小宮殿もあれば、塔をいくつも備えた3階建てもある。売られているスポーツグッズもすごい。「選手の名をキーキー叫ぶバラ飾り」や「本当に飛ぶファイヤーボルト(高価な最速のほうき)の小型モデル」、「得意げに手のひらの上を歩き回る、集めて楽しい有名選手の人形」などなど。

   もちろん、両チームもそれぞれに強烈な個性がある。たとえば各チームのマスコット。ブルガリアチームのマスコットは、だれもかれもを魅了して一瞬のうちに自分たちの味方に引き入れる美しいヴィーラ。アイルランドチームの応援者までがたちまちヴィーラに夢中になる。しかしアイルランドも負けてはいない。大勢の小さな応援団が自ら打ち上げ花火となって舞い上がる。「レプラコーンたちは再度空中に飛び出すと、今度は巨大な手となって、フィールドの向こうのヴィーラに宣戦布告のサインを送った」

   シリーズ4作目が出版されるずっと前から、ローリングはこの作品がこれまでになく暗いストーリーだと予告していた。たしかにこの作品は、読者を笑わせた次の瞬間にはかならずハリーの命を脅かし、読者を不安にさせている。物語の奥深くには危険とともにさまざまな感情が潜んでいるのだ。とはいえ、ローリングは新しい愉快なキャラクターも登場させている。たとえば、闇の魔法使いの追手、アラスター・“マッドアイ”・ムーディ。彼は年をとって妄想症になったとかならないとか。それからネタを探してホグワーツ校をゴキブリのように忙しく動きまわるリタ・スキーター(この日刊予言新聞のスクープ探し屋が愛用する「コメント速書きペン」は、純粋そのもののコメントも、脚色のひどいゴシップ記事に変えてしまう)。

   強烈な印象の残るエンディングで、ローリングはいくつかのプロットを未解決のまま残し、5作目につなげている。これを読むと、ひょっとすると著者自身にもヴィーラの血が流れているのでは、という気がしてくる。彼女のペンは、彼女の世界を完璧にする魔法の杖なのかもしれない。

Sorting by
  • 5

    Quando pensi di aver capito tutto, alla fine non hai capito nulla..pieno di colpi di scena, bello..anzi no, stupendo. Da quando ho cominciato la lettura della saga, questo mi ha preso leggermente di più rispetto ai primi tre volumi.

    said on 

  • 5

    En definitiva una cuarta parte de Harry Potter tan interesante como sus anteriores pero mucho más extensa lo que nos permitirá disfrutar más tiempo aún de las aventuras de este mago tan peculiar, en algún momento puede parecernos agobiante (como decía arriba) por el grosor del libro pero en concl ...続く

    En definitiva una cuarta parte de Harry Potter tan interesante como sus anteriores pero mucho más extensa lo que nos permitirá disfrutar más tiempo aún de las aventuras de este mago tan peculiar, en algún momento puede parecernos agobiante (como decía arriba) por el grosor del libro pero en conclusión merece la pena leerlo ya que lo demás compensa con creces.
    http://www.atrapadaenunashojasdepapel.com/2014/08/harry-potter-y-el-caliz-de-fuego-jk.html

    said on 

  • 5

    In medio stat virtus?

    Il 4° episodio - quello centrale - della saga di Harry Potter è forse quello che mi è piaciuto di più.
    Si distacca dai precedenti per la presenza di altre scuole di maghi e per l'idea del conseguente "Torneo 3 maghi" , che mi sembra azzeccatissima.
    Anche il finale, per quanto triste, ...続く

    Il 4° episodio - quello centrale - della saga di Harry Potter è forse quello che mi è piaciuto di più.
    Si distacca dai precedenti per la presenza di altre scuole di maghi e per l'idea del conseguente "Torneo 3 maghi" , che mi sembra azzeccatissima.
    Anche il finale, per quanto triste, è davvero notevole con l'idea della passaporta che ... non dico altro per quei pochi che ancora non lo conoscessero.

    said on 

  • 0

    Credo che sia inutile iniziare questa recensione come faccio di solito, introducendovi il libro e dicendo di che cosa parla, perché penso che tutti, almeno una volta nella vita, abbiate sentito parlare di Harry Potter. La saga ha fatto parlare molto di sé quando era ancora in corso, e tutt’ora se ...続く

    Credo che sia inutile iniziare questa recensione come faccio di solito, introducendovi il libro e dicendo di che cosa parla, perché penso che tutti, almeno una volta nella vita, abbiate sentito parlare di Harry Potter. La saga ha fatto parlare molto di sé quando era ancora in corso, e tutt’ora se ne parla, quindi anche i più giovani lo conosco.

    Recensione sulla nuova traduzione: http://lisa.forumcommunity.net/?t=57104812

    said on 

  • 4

    Letteratura adatta per ragazzi

    Un bel libro adatto per i ragazzi, ma piacevole anche per gli adulti.
    Lo consiglio senz'altro a coloro che sono appassionati di letteratura fantasy...

    said on 

  • 4

    Sono pazza per il mondo di Harry, adoro Hogwarts, detesto i babbani, vado in giro dicendo "lumus" e temo una cotta per Severus Piton. Mi ha preso giusto un pochino...non voglio che finisca!

    said on 

  • 0

    Esta entrega de la saga es bastante entretenida, ya que hay mucha aventura y muchos personajes nuevos.

    http://lepetitmondedelivres.blogspot.com.es/2014/11/harry-potter-y-el-caliz-de-fuego.html

    said on 

Sorting by