21世紀の資本主義を読み解く

| 編集者: 宝島社
票の平均 1
| 0 件の貢献合計 そのうち 0 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
現在、ほとんどの国で採用されている資本主義。その大きすぎる経済的メリットのために、所得格差は目をつぶられてきました。しかし、トマ・ピケティの『21世紀の資本』の登場によって、格差論は新たな展開を見せています。本書は、資本から考える所得格差の解説に、ピケティが触れられなかった「貧困から考える格差問題」を追加した『21世紀の資本』の強化版です。独自の文化をもつ日本が今後も資本主義とうまく付き合っていく方法とは。
- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una recensione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi