なごみ 2011-04

かぐわしき名宝にみる 『茶の湯と香』

| 編集者: 淡交社
票の平均 0
| 0 件の貢献合計 そのうち 0 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
◎特集の内容 六世紀、仏教とともに伝来した香文化は、どのように発展し、茶の湯へと組み込まれたのか。一木の香木から彫り出された観音菩薩像をはじめ、柄香炉や火舎香炉、三具足などの香道具、黄瀬戸・織部・染付などの香合まで、香にまつわる様々な名宝を通して明らかにする。京都・北村美術館所蔵の香合・香炉の名品も多数掲載。 ●小特集● 春満開の椿山へ 咲き誇る野辺の椿 ◎小特集の内容 羽衣や卜伴(ぼくはん)、鎮信など、茶花として馴染み深い椿を、京都府の山口椿園が管理する椿山の山中に訪ねる。 ...Continua
- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una recensione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi