ニュアンスがわかる擬声語・擬態語(上級)

すぐに使える实践日本语シリーズ2

票の平均 1
| 1 件の貢献合計 そのうち 1 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
janus
Ha scritto il 12/07/07
内容紹介

 擬声語・擬態語は微妙なニュアンスを表現する感覚語。本書は上級者用として、会話の中でうまく使えること、文章をよく理解できること、さらに日本語能力試験など各種テストに合格できる力を養えるように作られている。

 「なんだ、この文は?」「わかったような、わからないような」「なるほど」「たぶんわかった」……擬声語・擬態語はドキドキワクワクウキウキニコニコの世界。バッチリ、マスターしたとき日本語は数段うまくなっている。


- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi