告白

| 編集者: 双葉社
票の平均 5793
| 2 件の貢献合計 そのうち 2 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。選考委員全員を唸らせた新人離れした圧倒的な筆力と、伏線が鏤められた緻密な構成力は、デビュー作とは思えぬ完成度である。
Annieshao20
Ha scritto il 24/05/12
大変劇的な事件

ね、これは大人気の本でしょう?よく分からない
一気読んだんだけど、やはりちょっと期待しすぎたかな?
全部米澤穗信のせいだ!

echo
Ha scritto il 24/11/10
これが私の復讐です。

「有殺人動機的沒有殺人,沒有殺人動機的卻殺了人」


- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi