ルウ

| 編集者: 文藝春秋
票の平均 258
| 1 件の貢献合計 そのうち 1 レビュー , 0 引用 , 0 画像 , 0 メモ , 0 動画
1999年、台湾に日本の新幹線が走ることになり、入社4年目の商社員、多田春香は現地への出向が決まった。春香には忘れられない思い出があった。台湾を旅した学生時代、
よく知らないまま一日を一緒に過ごした青年がいた。連絡先をなくし、それ以後ずっと会えないままだった……。台湾と日本の仕事のやり方の違いに翻弄される日本人商社員、車輛工場の建設をグアバ畑の中から眺めていた台湾人学生、台湾で生まれ育ち終戦後に日本に帰ってきた日本人老人、そして日本に留学し建築士として日本で働く台湾人青年。
それ
...Continua
隔牆花
Ha scritto il 15/10/13
剛好有幸在松菸誠品的簽書會看到吉田老師本人, 訪問中老師一直提到他喜歡散步,無論是在日本,或是台灣。 在閱讀這本書的時候,想像著映入老師眼簾的是確確實實的台灣。 這本書幾乎提醒了習慣高鐵存在的我們, 「它並不是一剛開始就存在在那了,當初是真的有一群人如此的努力,才有現今的高速鐵路。」 路,也依舊維持著吉田修一一貫的筆調, 彷彿甚麼都沒發生,但從翻開書到闔上的過程中, 確實有甚麼東西被改變了。 在日常生活中替人注入溫暖與力量, 離別及錯過因為太真實,顯得不這麼感傷了。 或許有人會說吉田修一的文章太...Continua

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una citazione!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una immagine!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo una nota!

- TIPS -
Nessun elemento trovato
Aggiungi per primo un video!

Lorem Ipsum Color sit Amet
di Nome Autore
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur Suspendisse varius consequat feugiat.
Scheda libro
Aggiungi