「本屋」は死なない
by 石橋毅史
(*)(*)(*)(*)( )(93)
東京の商店街でわずか五坪の本屋「ひぐらし文庫」をはじめた原田真弓。「電子書籍元年」を迎えて「紙の本」の優位性を述べる論客、ジュンク堂書店の福嶋聡。和歌山の「人口百人の村」でイハラ・ハートショップを営む井原万見子。岩手・さわや書店の元「カリスマ」伊藤清彦と、その“弟子”田口幹人、松本大介。“普通の本屋”を追求し実践する鳥取・定有堂書店の奈良敏行。名古屋の「大きな壁」、ちくさ正文館の古田一晴…。街から書店が次々と消え、本を売るという役割が小さくなりつつあるなかで、彼らのような「本屋」が「本屋」でありつづけるべき意味とは―?“あきらめの悪い”「本屋」たちを追う。

Ally Yang's Quote

Ally YangAlly Yang added a quotation
00
講到如何活化地方,就會想到增加人口之類比較激勵人心的方式。其實不必開些沒必要的道路,生活空間擠一點,反而更能拉近彼此的距離。人口少也有人口少的好處,即便過著不算富裕的生活,也能享受人生,這才是生活在小地方的真正價值。(堀堅一)
Ally YangAlly Yang added a quotation
00
講到如何活化地方,就會想到增加人口之類比較激勵人心的方式。其實不必開些沒必要的道路,生活空間擠一點,反而更能拉近彼此的距離。人口少也有人口少的好處,即便過著不算富裕的生活,也能享受人生,這才是生活在小地方的真正價值。(堀堅一)