法の原理 by Thomas Hobbes, ホッブズ
法の原理 by Thomas Hobbes, ホッブズ

法の原理

人間の本性と政治体
by Thomas Hobbes, ホッブズ

Translated by 新井 明, 田中 浩, 重森 臣広
(*)(*)(*)(*)( )(1)
0Reviews0Quotations0Notes
Description
1640年に書かれた、ホッブズ(1588―1679)の最初の政治学書。国を二分するほどに激化した国王と議会の対立を目にし、すべての人間が安全に生きるために政治はどうあるべきかを原理的に説いた。のちに主著『リヴァイアサン』(1651)で詳しく展開されることになるホッブズ政治学のエッセンスは本書ですでに提示されていた。
Community Stats

Has it in their library

0

Are reading it right now

0

Are willing to exchange it

About this Edition

Language

Japanese

Publisher

Publication Date

Apr 15, 2016

Format

Economic pocket edition

Number of Pages

400

ISBN

400340047X

ISBN-13

9784003400470